SHIFT Group 技術ブログ

「無駄をなくしたスマートな社会の実現」を目指し、ソフトウェア製品の開発、運用、マーケテ…

SHIFT Group 技術ブログ

「無駄をなくしたスマートな社会の実現」を目指し、ソフトウェア製品の開発、運用、マーケティングなどあらゆる立場から携わるSHIFT Groupの公式note。エンタメ・ゲーム業界から、Web系、金融/製造/小売りなどのエンタープライズ業界まで広い知見を活かした情報を発信しています。

マガジン

  • アジャイルQA

    SHIFTの「アジャイル推進グループ」ならではの、アジャイル開発に特化したQAのナレッジをまとめてご紹介しています。

  • 運用目線のSalesforceブログ

    Salesforce社の認定パートナー企業である、株式会社SHIFT カスタマーサクセスグループの精鋭達による「Salesforceのノウハウ」がギュッと詰まったマガジン。BLOGでも「運用目線のカスタマーサクセスを実現するベストパートナー」をミッションとし、Salesforceに携わる方々や関心を寄せる方々に寄り添います。

  • 採用広報・コンテンツ制作 私たちはこうやってます

    年間約2,600名を採用するSHIFT。私たちがはじめた採用広報・コンテンツ制作の裏側や、「こんな風に考えてつくっているよ」を伝える記事をまとめました。チャレンジの過程や、そこで得た学びをみなさんに共有できたらと思います♪

  • SHIFT DAAEブログ

    DAAE(ダーエ)部は株式会社SHIFTにて先進的な手法でサービス開発を推進する部署です。 開発チームでは頻繁に勉強会等を開催し、先端かつ高度な技術習得に務めています。また開発実務を通じて得た、実践的ノウハウの整理も随時行っております。 この取り組みで得た技術的知見やチャレンジすることによって得た経験をブログとして残していきます。

  • SHIFT SaaS管理ツール「ワスレナイ」ブログ

    株式会社SHIFTが提供するSaaS管理ツール「ワスレナイ」の公式noteです。「情シスを、笑顔に。」をモットーに、IT資産の定常運用を自動化、ムダな業務負荷を軽減し、守りから、攻めの情シスを実現します。 サービスサイトはこちら→ https://lp.wasurenai.jp/

リンク

アジャイルQA

SHIFTの「アジャイル推進グループ」ならではの、アジャイル開発に特化したQAのナレッジをまとめてご紹介しています。

くわしく見る

ポイント解説|探索的テストはチャーターを決めて実施しよう

はじめにこんにちは、SHIFT アジャイルサービス部のカル♪です。 現在アジャイルの現場で、プロジェクトマネージャ、キャプテン、QAリードを担当しており、若手育成のためテクニカル記事を書いています。 今回は探索的テストについて簡単にまとめていきます。 探索的テストはモンキーテストとは異なり、実施目的をはっきりと決めて、テストをおこないます。 目的を決めて実施しよう! テスト観点を明確にしよう! チャーターを決めて実行しよう! こんな目的でやってみる参考例 機能テス

スキ
2

ジャーニー経営とWell-beingとアジャイルについて

はじめにこんにちは。 SHIFTアジャイルコーチの谷川です。 ここ数年で、更に 「Well-being(ウェルビーイング)」 という言葉を良く聞くようになってきました。 更に、その考えを企業経営に取り入れた 「Well-being経営」 という言葉も聞くようになっており、私も2023年の5月に下記の記事を書きました。 私の人生を変えてくれたWell-beingとはなにか?(2023/6/7) 引き続き、私も、Well-beingに関連する様々なイベント(「アジャイル経営

スキ
34

チームで起きそうな問題について話し合ってみた

はじめにこんにちは!SHIFT QAエンジニアの中馬です。 昨年SHIFTに入社以来2度目の夏です。 既に1年の半分が終わったと思うと早いですね。残り半年の時間も大切にしていきたいところです。 ワークの目的それでは本題に入りますが、私の所属するチームでは今後参画されるメンバーが数名いるということで、案件内で起こり得るケースを想定し、課題に対しての対策や改善案が考えられるようなワークを実施しました。 今回はオンラインホワイトボードツールのmiroを使用しました。 オンラ

スキ
10

TPI NEXT® Foundationに一発合格した私の勉強法

はじめにこんにちは。SHIFT QAエンジニアの安立雄大です。 今回はTPI NEXT® Foundationに合格したのでその体験記を共有したいと思います。 これからTPI NEXT® Foundationの受験を考えている方、もしくは、ソフトウェアテストとそれに基づくIT開発プロセス全体の品質改善に取り組んでいる方に読んでいただきたいです。 TPI NEXT® FoundationとはTPI NEXT®(テストプロセス改善)とは、テストのコスト削減や時間短縮、テストプ

スキ
132

運用目線のSalesforceブログ

Salesforce社の認定パートナー企業である、株式会社SHIFT カスタマーサクセスグループの精鋭達による「Salesforceのノウハウ」がギュッと詰まったマガジン。BLOGでも「運用目線のカスタマーサクセスを実現するベストパートナー」をミッションとし、Salesforceに携わる方々や関心を寄せる方々に寄り添います。

くわしく見る

業務システムの開発時に選びたいクラウドサービスの特徴|kintone

はじめにこんにちは。カスタマーサクセス部 Salesforceグループの小笠原です。 業務システム向けのクラウドサービスである、Salesforceに関するご支援を専門としております。 業務システムの開発を検討する時、クラウドサービスによる開発を選択肢として考える方は多いと思います。また、クラウドサービスでシステムを開発したいと思っても、似たようなサービスがたくさんあって、どれが自分たちにぴったりなサービスなのかを判断するのはとても難しいです。 今回はSalesforc

スキ
3

Salesforce導入に必要な詳細設計書と質の高い設計書がもたらすメリット

はじめにこんにちは。株式会社SHIFT Salesforceグループの小笠原です。 今回は、Salesforceの導入に必要な詳細設計書と、質の高い設計書がもたらすメリットの二本立てで記事にしました。 「Salesforceの詳細設計書ってどんなものが必要なの?」「そもそも詳細設計書ってなんだっけ?」「設計書は大事ってよく聞くけど、なんで大事なの?」といった疑問をお持ちの方の参考になればと思い執筆しました。 ぜひご一読ください! システム開発における各種ドキュメント詳細設

スキ
35

Salesforce資格オンライン受験時の準備事項とトラブル対処法

はじめにこんにちは。カスタマーサクセス部SalesforceグループのCSです。 皆さんはSalesforce認定試験をオンライン受験したことはありますか? 私は今回2回目の受験でしたが、トラブルが発生して受験開始時間を30~40分遅らせる羽目になってしまいました。 初回は問題なかったから大丈夫…とはいかないんですね。 今後も受験前の準備には気を抜けません。 ということで、今回はオンライン受験時に役立つ準備事項とトラブル対処法を残しておきたいと思います。 1.オンライ

スキ
39

レイアウトに関する備忘録

1. ご挨拶2. ページレイアウトに関して3. コンパクトレイアウトに関して4. 検索レイアウト5. Lightningレコードページ6. 最後に《おすすめマガジン》 お問合せはお気軽に SHIFTについて(コーポレートサイト) https://www.shiftinc.jp/ SHIFTのサービスについて(サービスサイト) https://service.shiftinc.jp/ SHIFTの導入事例 https://service.shiftinc.jp/cas

スキ
24

採用広報・コンテンツ制作 私たちはこうやってます

年間約2,600名を採用するSHIFT。私たちがはじめた採用広報・コンテンツ制作の裏側や、「こんな風に考えてつくっているよ」を伝える記事をまとめました。チャレンジの過程や、そこで得た学びをみなさんに共有できたらと思います♪

くわしく見る

SHIFTがはじめた採用広報・コンテンツ制作#9 記事の活用

はじめにこんにちは!SHIFT人事、採用開発グループの梅田です。SHIFTの採用コンテンツの企画・編集・ディレクションを担っています。 採用広報の当事者として「私たちはこうやった」を全公開する連載、第9回の本記事では記事の活用について話します。 ▼年間約200本の記事が公開されるSHIFTキャリア採用サイト まずは部門紹介記事を、全候補者に「作って終わりしない」を編集方針として掲げている私たち。記事を作った目的にたちもどって、SHIFTを転職先候補として想起してもらう

スキ
5

SHIFTがはじめた採用広報・コンテンツ制作#8 公開・社内共有

はじめにこんにちは!SHIFT人事、採用開発グループの梅田です。SHIFTの採用コンテンツの企画・編集・ディレクションを担っています。 採用広報の当事者として「私たちはこうやった」を全公開する連載、第8回の本記事では記事の公開と社内共有について話します。 ▼年間約200本の記事が公開されるSHIFTキャリア採用サイト 原稿の関係者チェック。「修正の沼」に陥らないために大事なこと私たちの場合、初稿ができたら人事→本人・上長→広報チェックの順で進めています。それぞれの工程

スキ
4

SHIFTがはじめた採用広報・コンテンツ制作#7 撮影・サムネイル作成

はじめにこんにちは!SHIFT人事、採用開発グループの梅田です。SHIFTの採用コンテンツの企画・編集・ディレクションを担っています。 採用広報の当事者として「私たちはこうやった」を全公開する連載、第8回の本記事では記事の公開と社内共有について話します。 ▼年間約200本の記事が公開されるSHIFTキャリア採用サイト サムネイルのフォーマットデザインをつくっておいたSHIFTの記事に必要な写真は、サムネイル(以下MV)、OGP、顔写真、文中画像2-3枚としています。

スキ
4

SHIFTがはじめた採用広報・コンテンツ制作#6 編集について

はじめにこんにちは!SHIFT人事、採用開発グループの梅田です。SHIFTの採用コンテンツの企画・編集・ディレクションを担っています。 採用広報の当事者として「私たちはこうやった」を全公開する連載、第6回の本記事では記事編集について話します。 ライターさんから頂いた初稿をどう編集しているのかポイントを書きますが、ご自身の執筆においても同じことが言えるかなと思いますので参考になさってください。 ▼年間約200本の記事が公開されるSHIFTキャリア採用サイト 原稿を受け

スキ
7

SHIFT DAAEブログ

DAAE(ダーエ)部は株式会社SHIFTにて先進的な手法でサービス開発を推進する部署です。 開発チームでは頻繁に勉強会等を開催し、先端かつ高度な技術習得に務めています。また開発実務を通じて得た、実践的ノウハウの整理も随時行っております。 この取り組みで得た技術的知見やチャレンジすることによって得た経験をブログとして残していきます。

くわしく見る
  • 112本

【Android】Androidの位置情報に関する許可設定についてまとめてみた

はじめにこんにちは、SHIFT DAAE(ダーエ)テクノロジーグループのイケモトです。 今回はAndroidの位置情報に関する許可設定についてまとめました。 Androidでは位置情報を取得する際に、ユーザーのプライバシー保護のために位置情報の利用許可をリクエストする必要があります。 しかし、この位置情報に関する許可は、OSのバージョンアップに伴い仕様が変更されることが多く、OSバージョンによってどのような仕様や挙動になるのかがわかりにくいという印象があったため、自分な

スキ
9

「取っただけ」で終わらない!アンケートを成果につなげる5つのチェックリスト

こんにちは!SHIFTのDAAE(ダーエ)戦略部で新規事業のマーケティングを担当しているよっしーです。 この記事では、初めてアンケートを取る方もしくはアンケートをもっと有効に使いたい方に、アンケート設計時にチェックしてほしいポイントをお伝えします。 はじめにアンケートは、ユーザー調査の中でも比較的簡単に実施できることから、非常に重宝されている調査手法です。 マーケティング部門に限らず、人事や総務、営業など、あらゆる部署で導入されているのを見かけます。が、その簡単さゆえに「

スキ
79

【Notion】非エンジニアが解説するチームでのNotionの使い方(自動化編)

はじめに皆さんこんにちは。 チームの生産性を高めるためにNotionの活用を推進している、非エンジニアの申です。本日もチームでのNotionの活用方法を解説したいと思います。 本日のテーマは自動化です。 自動化と聞くと、皆さんどんなイメージを持たれますか? 「自動化ってエンジニアの人がコード書かないとできないんでしょ?」 「コードを書けない非エンジニアには難しいんじゃない?」 この様な印象を持たれている方も多いと思います。 私もこのように考えておりました。 です

スキ
36

【Notion】非エンジニアが解説するチームでのNotionの使い方(テンプレート機能編)

はじめに皆さんこんにちは。 SHIFTのDAAE(ダーエ)戦略部の所属の申(シン)です。 今回でNotionの解説も3回目になりました。 ▼これまでのNotion解説記事 今回も非エンジニアならではの視点と工夫でNotionを解説していきたいと思います。 1.チームにNotionを使ってもらうために工夫した事これまで、Todoや議事録などのフォーマットをNotionで作成してきましたがチームのメンバーが使ってくれないと意味がありません。 Notion頑張って作って

スキ
25

SHIFT SaaS管理ツール「ワスレナイ」ブログ

株式会社SHIFTが提供するSaaS管理ツール「ワスレナイ」の公式noteです。「情シスを、笑顔に。」をモットーに、IT資産の定常運用を自動化、ムダな業務負荷を軽減し、守りから、攻めの情シスを実現します。 サービスサイトはこちら→ https://lp.wasurenai.jp/

くわしく見る

Chat GPTに聞いた無償ツールのデメリットがSaaS管理ツール「ワスレナイ」にも当てはまるのか検証してみた

はじめにこんにちは、SHIFT「ワスレナイ」ブログ編集部です。 自社SaaS管理ツール「ワスレナイ」について情報発信しながら、 SaaSにまつわるお役立ち情報をお届けしています。 みなさんはツールの導入を検討する際、何を重視しますか? 使いやすさ、安全性、手軽さなど、様々な観点がありますが、 ビジネスにおいてコストは無視できません。 お金がかからない方が良いですよね。 特にSaaS管理は運用・保守に類するため守りの情シス業務に値します。 守りよりも攻めの業務にリソースを

スキ
13

SaaSのアカウント管理に潜む「シャドーID」問題点とその解決策を探る!!

はじめにこんにちは、SHIFT「ワスレナイ」ブログ編集部です。 自社SaaS管理ツール「ワスレナイ」について情報発信しながら、SaaSにまつわるお役立ち情報をお届けしています。 SaaSの導入が増えるほど煩雑になるアカウント管理、皆さんは不要になったアカウントの洗い出しにお困りではありませんか? 現状Excel台帳でアカウントの管理をしたり、それぞれのSaaSの管理画面で個別管理していらっしゃる企業様も多いかと思います。 しかし、管理者側で把握できていないアカウントや未

スキ
6

"資産管理ツール"と"SaaS管理ツール"の違い

はじめにこんにちは、SHIFT「ワスレナイ」ブログ編集部です。 自社SaaS管理ツール「ワスレナイ」について情報発信しながら、SaaSにまつわるお役立ち情報をお届けしています。 皆さま、IT資産の管理はどのようにしていますか? PC、サーバー、ソフトウェア、ネットワーク機器、モバイル端末の管理など、企業が成長するにつれ、IT資産の管理はますます複雑になります。 さらに、近年ではSaaSと呼ばれる、ソフトウェアをインターネット経由で提供し、ユーザーが必要な時に必要な分だ

スキ
9

ワスレナイの機能紹介①:部署や職種でグルーピング管理

SaaSアカウントは“管理ルール”を使って効率的に管理はじめにこんにちは、SHIFT「ワスレナイ」ブログ編集部です。 自社SaaS管理ツール「ワスレナイ」について情報発信しながら、SaaSにまつわるお役立ち情報をお届けしています。 SaaS(Software as a Service)とは、インターネットを通じてソフトウェアを提供するサービスのことを指します。ユーザーは必要な時に必要な機能を利用することができ、ソフトウェアを自社で保有・管理する必要がないため、初期費用を抑

スキ
7