見出し画像

ゼロから始めるサイト制作2:自宅サーバでWordPressをインストール

はじめに

こんにちは、DevOps推進部2グループの李です。
前回はWordPressについて、紹介しましたが、今回はWordPressのインストールについて、紹介しようと思います。

連載目次

WordPressがインストールできるプラットフォームには2つの選択肢があります。自宅サーバーでインストールする方法とホスティングサービスでインストールする方法です。自宅でサーバーでインストールするために一番簡単な方法はXAMPPですので、今回はXAMPPを用いたWordPressのインストール方法を紹介させていただきます。

今回使用するソフトウェアは下記です。

XAMPPとは

XAMPPという名前は下記のツールを組み合わせて構成されたソフトウェアです。

  • X:Windows、Linux、などのクロスプラットフォーム

  • A:Apache

  • M:MariaDB(旧バージョンはMySQL)

  • P:PHP

  • P:Perl

XAMPPはApacheやDBなどの機能をまとめて、同じパネルで管理するので、とても便利です。 先ずXAMPPをインストールしましょう。
XAMPPの公式サイトで最新版をダウンロードします。

ダウンロードが完了しましたら、ダブルクリックで、XAMPPのインストーラを開きます。XAMPPを開くと、下記の警告ダイアログが出た場合は、OKをクリックして次に進みます。

WordPressの構築について、必要な機能は下記の図です。ほかの機能は自由に選んでください。

インストールが完了しましたら、ApacheとMySQLの「Start」をクリックします。Start出来ない場合、Port80またはPort443が別のサービスに使用されている可能性がありますので、パネルのNetstatでPortの使用状況を確認してください。

XAMPPの設定

Step1:データベースを追加する

ApacheとMySQLが起動しましたら、MySQLの「Admin」ボタンをクリックして、管理画面を開きます。そして上のパネルの「データベース」をクリックし、任意のデータベース名を入れて作成します。

Step2:管理者アカウントを追加する

上のパネルの権限をクリックして、「ユーザーアカウントを追加する」ボタンをクリックします。

Step3:管理者アカウントを追加する

任意のユーザー名とパスワードを入力して、ホスト名をローカルに変更します。最後はグローバル権限のところで「すべてチェックする」をチェックします。終わったら、画面の下の実行ボタンをクリックしてください。これでXAMPPの設定は終わりです。

WordPressをインストール

Step1:WordPressをダウンロードする

WordPressの公式サイトで最新版のWordPressをダウンロードしてください。ダウンロードが終わりましたら、「C:¥xampp\htdocs\」に解凍します。フォルダ名はWordPressでなくてもよいので、好きな名前に変更してください。

Step2:WordPressのインストーラを開く

ブラウザを開いて、URLに「http://localhost/wordpress」を入力して、WordPressのインストールを開始します。

注意:前項の手順でWordPressのフォルダ名を他の名前に変更した場合、ここのURLは変更したフォルダ名を入力してください。

Step3:WordPressをインストールする前の確認

URLを入力したら、言語選択画面が表示されます。
ここは好きな言語を選んで「次へ」ボタンをクリックしてください。
次の画面がインストール時に必要な情報一覧です。この情報は先ほどXAMPPで設定した情報です。
下記の画面の1~5の情報を忘れた場合はXAMPPのAdminで確認してください。そして「さあ、始めましょう!」をクリックします。

Step4:データベースの情報を入力する

データベース名に先ほど追加したデータベースの名前を入力して、ユーザー名とパスワードは先ほど作った管理者のデータを入力してください。
データベースのホスト名は「localhost」を入力します。入力しましたら送信ボタンをクリックします。

Step5:インストール実行

データベースの接続ができましたら、以下の画面が表示されます。ここは「インストール実行」をクリックしてください。

Step6:WordPressの基本設定

この画面でサイトのタイトルとサイトのユーザー名とパスワード及びメールアドレスを入力して、「WordPressをインストール」をクリックします。

Step7:インストール完了

インストールが終わったら、以下の画面が表示されます。
「ログイン」ボタンを押して、次のログイン画面が表示されます。
ここでユーザー名とパスワードを入力してログインするとWordPressの管理画面が表示されます。これでWordPressのインストールが完了です。

次回のお知らせ

今回はXAMPPを使った自宅サーバでWordPressのインストールについて、簡単に紹介しました。
ドメイン名がlocalhostなので、このままでは外部からアクセスすることはできません。外部からアクセスする方法について紹介すると、記事の目的からずれてしまうので、今回は省かせていただきます。

次回はホスティングサービスでWordPressをインストールすることについて、紹介したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。また次回の記事でお会いしましょう!

参考資料:

  1. https://lucy.ne.jp/bazubu/xampp-wordpress-23795.html


執筆者プロフィール:李 嘉興
社会人になって以来、数年間システムエンジニアとして多数のプロジェクトの開発(要件定義~リリース)を経験したのち、2021年7月にSHIFTに入社。システムエンジニアの仕事と全く違う分野の自動化とCICDを経験しつつ、未来のキャリアのため日々奮闘中。

お問合せはお気軽に
https://service.shiftinc.jp/contact/

SHIFTについて(コーポレートサイト)
https://www.shiftinc.jp/

SHIFTのサービスについて(サービスサイト)
https://service.shiftinc.jp/

SHIFTの導入事例
https://service.shiftinc.jp/case/

お役立ち資料はこちら
https://service.shiftinc.jp/resources/

SHIFTの採用情報はこちら
https://recruit.shiftinc.jp/career/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!