見出し画像

ChatGPTで英語力強化:英語を英語のまま理解する|SHIFTのブログリレーDAY.5

ーこの春、頑張るあなたを応援したい!ー

こんにちは!SHIFTの公式note「SHIFTグループ技術ブログ」編集部です。
この春、新社会人になられた方や、転職など新天地でのスタートを切られた方など、今を頑張るすべての方へ(勝手に)エールを贈りたい!
今自分たちがもっているノウハウや経験を書いてつないで、
頑張るあなたに届けたい!そんな、“おせっかい心”から生まれた企画です。

・GW明けから勝負本番!良いスタートダッシュを切りたい!
・新人扱いしてもらえる今のうち!やっておくべきことは?
・みんなが優秀に見える・・・これから大丈夫かなあ。

そんなさまざまな気持ちに、社会人の仲間としてときには少し先輩として、
SHIFTの公式ブロガーたちが全力であなたに伴走します。
少しでも、今を頑張る方の前へ進む力になれますように。
みなさまにご一読いただければ幸いです!《開催期間:5/1-25》

DAY.4
新卒必見!SHIFTの部活に入って分かった3つのメリット



はじめに

こんにちは。株式会社SHIFTのDAAEの栗山です。

今日はChatGPTを使用して 「英語を英語のまま理解する力をつける」 ための方法を紹介します。

私はソフトウェアエンジニアなのですが、これまで 「英語力」 にはとても助けられてきました。

調べ物をするときを例にすると、英語の方が圧倒的に情報量が多いため、 「英語で検索することで、求める結果が容易に見つかる」 ことが多いです。ほかにも例を挙げると、ソフトウェアエンジニアが利用するドキュメントの公式版は大体のものが英語で記述されているため、 「英語を読めると仕事のスピード感が全然違う」 ということがあります。

新卒の皆様方にとって、英語力を強化することは 「自分へのいい投資」 ではないでしょうか。

英語を英語のまま理解することについて

「英語を英語のまま理解する」 というのは、英文を読むときに日本語に翻訳せずに理解するということです。
私の実感としては、これには以下のようなメリットがあります。

  • 英文を読むことが早くなる。

  • 「自分が理解しやすい自然な日本語に英文を翻訳する」という難しい作業をせずに済む。

  • 慣れてくると、英作文をするときに英語から考えられるようになる。

これも私見ですが、 「英語を英語のまま理解する」ことは「英語力を強化する上でのベース」 になります。

紹介する方法の概要

本稿で紹介するを一言で説明すると 「英文を理解するために英文を読む」 ことを繰り返すことです。
具体的な手順は以下のようになります。

  1. ChatGPTに英語の先生になってくれるようにお願いする。

  2. 読解対象のドキュメントをChatGPTに読ませ、サマリーを作成してもらう。

  3. わからない単語や文について、ChatGPTに説明してもらう。

  4. わからない単語や文についての解説、例文をChatGPTに教えてもらう。

  5. わからない単語を言い換えてもらう。

  6. 日本語で説明してもらう。

上記3~5を繰り返します。
それでは実際にやってみましょう。

手順1: ChatGPTに英語の先生になってくれるようにお願いする

まずは、以下のようなプロンプトを使用して、ChatGPTに英語の先生になってもらいます。
なるべく簡単に教えてもらうため「6歳の子供を相手にするように」というフレーズを入れています。

※本稿では、読者の方が試しやすいようにプロンプトをテキストで以下に記します。
プロンプト:

I would like you to be my personal English teacher and help me improve my English skills. Can you teach me as if I were a 6-year-old child? Would that be okay with you?

※プロンプトの日本語訳も入れます。
日本語訳:
私はあなたに、私の英語力を向上させるための私のパーソナル英語教師になってほしいです。私を6歳の子供のように扱って英語を教えてくれますか? それでよろしいですか?

ChatGPTは喜んで引き受けてくれました。
「では簡単なボキャブラリーから始めましょう」とやり方まで提示してくれましたが、これは無視して次に進みます。

手順2: 読解対象のドキュメントをChatGPTに読ませ、サマリーを作成してもらう

サマリーから読むことで、文章の理解が早くなります。
また初めに読解対象のドキュメントを読み込ませることで、これ以降の手順において、ChatGPTはこのドキュメントのコンテキストを前提にした上で質問に回答してくれるようになります。

プロンプト:
Summarise following document.
日本語訳:
以下の文章を要約してください。

今回は少し前に話題になった「GPT-4以上のAIの開発停止を求める公開書簡」の原文を読み込ませました。
こういったドキュメントはそれなりの難易度があるため、例として適切でしょう。

※長いので、途中で画像を切っています。
以下がChatGPTの回答です。

「6歳児を相手にするように」と伝えたのですが、それなりにレベルが高い文書が返ってきました。
以下ではこのサマリーを対象に3~5の手順を行っていきます。

手順3: わからない単語や文について、ChatGPTに説明してもらう

まずは最初の文について尋ねます。

プロンプト:
What do you mean following line? Please explain as if I am 6 years old child.
日本語訳:
次の行が何を意味するのか教えてください。6歳の子供に説明するように説明してください。

難しい単語もなく、子供でも理解できるような平易な言葉で説明してくれました。さすがですね。関係代名詞が多いのが少し難しいかもしれませんね。
「もっと簡単に教えて」とリクエストしてもいいかもしれません。

ほかにもやってみましょう。
「human-competitive intelligence」という難しい表現があったので、これについて尋ねてみます。

プロンプト:
What do you mean "human-competitive intelligence"? Please explain as if I am 6 years old child.
日本語訳:
"human-competitive intelligence"が何を意味するのか教えてください。6歳の子供に説明するように説明してください。

「ロボットやコンピュータがとても賢くなり、人間のように、あるいは人間以上に賢くなることですよ」といった回答をしてくれました。
「human-competitive intelligence」という、たった一言の言葉をこのように丁寧に説明してもらうことでかなりわかりやすくなりますね。

ただ少し感覚的な回答に思えます。
これは子供相手ということもあるのかもしれません。試しに以下のように尋ねてみます。

プロンプト:
What do you mean " human-competitive intelligence"? You do not need to think as if I am 6 years old child.
日本語訳:
"human-competitive intelligence"が何を意味するのか教えてください。私が6歳の子供だと考える必要はありません。

今度はちゃんとした回答が返ってきました。
「"human-competitive intelligence"はロボットの能力について言及しています」と言っているので、文法的にも自然な回答です。

手順4: わからない単語や文についての解説、例文をChatGPTに教えてもらう

サマリーの二行目の「citing the risks」いついて解説してもらいます。
"citing"という言葉が聞きなれず、私はぼんやりとしか理解できなかったからです。

プロンプト:
What do you mean "citing the risks"? Give me examples too. Please explain as if I am 6 years old child.
日本語訳:
「citing the risks」が何を意味するのか教えてください。例もください。6歳の子供に説明するように説明してください。

具体的な例をつけて、"citing the risks"が何を意味するのか説明してくれました。この書簡の意味を理解する点では非常にいいですね。

私は"citing"について、一般的な意味合いでも知りたいので、それについても尋ねてみます。

プロンプト:
What do you mean "citing"? Give me explanation and general examples. Please explain as if I am 6 years old child.
日本語訳:
「citing」が何を意味するのか教えてください。説明と一般的な例をください。6歳の子供に説明するように説明してください。

どうやら「参照する」といった意味合いで使うみたいですね。

手順5: わからない単語を言い換えてもらう

"cite"について、もっとしっかりと理解したいので、別の単語に言い換えてもらいます。

プロンプト:
Give some sentences which inlude "cite" or "citing", and then you give me another sentench which rephrase "cite" or "citing"
日本語訳:
「cite」や「citing」を含む文をください。その後、「cite」や「citing」を言い換えた文をください。

"cite"を"mention"や"refer"を使って言い換えた例があり、使い方を理解できます。

手順6: 日本語で説明してもらう

どうしてもよくわからない場合は適宜、日本語で説明してもらいましょう。
「citing」について尋ねるとどうでしょか?

プロンプト:
"citing" について日本語で例もつけて説明してください。

明確な回答が来ました。
「"citing"とは、何かを重要だと考えている、または関連があると思っていることを指摘または言及する」
ということなのですね。
確かに、これまでの例や説明とも一貫性があります。

citeのように複雑な意味の言葉を理解するには、英語だけにこだわらず日本語も活用していくのがいいでしょう。

最後に

本稿では 「ChatGPTを使用して英語を英語のまま理解する力をつける」 方法を紹介しました。

このように 「英文を理解するために英文を読む」 ことを繰り返すことは、英語を英語のまま理解できるようになるための、とても効果的な方法であると私は思います。

ChatGPTがなかった頃はこのような勉強方法は非常に難易度が高かったです。なぜなら 「相手のレベルに合わせて平易な英語で説明する」 ようなことは、既存のサービスや辞書にはできなかったからです(英英辞典やGoogle翻訳など)。
そういう点で、かつてないほど英語を勉強しやすくなっていると思いますので、ぜひ現代のテクノロジーを活用して、英語力を高めるといいと思います!

アドバイスになりますが、 "What do you mean" はよく使うフレーズなので覚えておくとよいと思います。
また 「英語での質問方法がわからない」 場合は、日本語で質問を書いてからそれを英訳してもらうとよいでしょう。

▶▶▶明日DAY.3のバトンはこちら!
新入社員の皆さんへGW後の自分磨き(南雲)


\もっと身近にもっとリアルに!DAAE公式Twitter/


執筆者プロフィール:Kuriyama Akira
DAAE開発エンジニア。コーヒーの焙煎が得意なエンジニア。

この公式ブロガーのおススメ記事

\SHIFTのフレッシャーズ応援!ブログリレー企画/

お問合せはお気軽に
https://service.shiftinc.jp/contact/

SHIFTについて(コーポレートサイト)
https://www.shiftinc.jp/

SHIFTのサービスについて(サービスサイト)
https://service.shiftinc.jp/

SHIFTの導入事例
https://service.shiftinc.jp/case/

お役立ち資料はこちら
https://service.shiftinc.jp/resources/

SHIFTの採用情報はこちら
https://recruit.shiftinc.jp/career/

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!