見出し画像

Ingressの定義をkustomizeで作成するときの注意

こんにちは。インフラエンジニアの北野です。

kustomizeを使用する機会がありましたので、そこで得た知見を紹介したいと思います。

kustomizeを使ってIngressのマニフェストを管理しようとしたのですが、[patchesStrategicMerge:]では定義を想定通り生成できない事態に陥ったので、原因と対応方法について紹介します。


patchesStrategicMergeでの上書きは定義が消える

kustomizeでは、kubernetesと同じjson形式で記述できるpatchesStrategicMergeを使用することを基本的には推奨しますが、patchesStrategicMergeでは、Ingressの定義を想定通り生成できません。

何故なら、Ingressの定義のspec.rulesは配列の構造体となっており、一意となる名前も存在しないからです。そのため、spec.rules内のパラメータを環境固有の設定としてoverlaysのマニフェストファイルに書くことが出来ないからです。

一体どういうことかというと、例えば以下の定義を生成したいとします。

// 生成したい定義
apiVersion: networking.k8s.io/v1
kind: Ingress
metadata:
  name: example-ingress
spec:
  rules:
  - host: portal.dev.com
    http:
      paths:
      - path: /portal-nginx/example/
        pathType: Prefix
        backend:
          service:
            name: portal-nginx
            port:
              number: 80

この定義の中で、環境毎に差異の生じる箇所が[host:]だけだとすると、 baseのマニフェストとoverlaysのマニフェストは以下のように作りたくなります。

// 作成したくなるbase側のyaml(hostを定義しない)
apiVersion: networking.k8s.io/v1
kind: Ingress
metadata:
  name: example-ingress
spec:
  rules:
  - http:
      paths:
      - path: /portal-nginx/example/
        pathType: Prefix
        backend:
          service:
            name: portal-nginx
            port:
              number: 80
// 作成したくなるoverlays側のyaml(hostだけ定義する)
apiVersion: networking.k8s.io/v1
kind: Ingress
metadata:
  name: example-ingress
spec:
  rules:
  - host: portal.dev.com

しかし、[patchesStrategicMerge:]でoverlays側のyamlを定義したとき、buildすると、以下のような[http:]が削除された結果となってしまいます。

// 生成されてしまう定義(hostだけしか定義が存在しない)
apiVersion: networking.k8s.io/v1
kind: Ingress
metadata:
  name: example-ingress
spec:
  rules:
  - host: portal.dev.com

このように、[patchesStrategicMerge:]だと、base側のspec.rulesを丸々overlays側のspec.rulesが上書きしてしまいます。spec.rulesは配列の構造体となっており、一意となる名前も存在しない為です。

patchesJson6902で値を置換して解決

対応方法は色々とあるのですが、[patchesJson6902:]で対応する方法が最もシンプルかと考えているので、紹介します。

準備するディレクトリ構成とファイルは以下となります。

base
│  └─portal
│    ├─kustomization.yaml
│    └─ingress.yaml
overlays
   └─prod
      └─portal
	    ├─kustomization.yaml
	    └─ingress-patch.yaml

4つのファイルの記述例を順に挙げていきます。

  • base側のkustomization.yaml

// ./base/portal/kustomization.yaml
apiVersion: kustomize.config.k8s.io/v1beta1
kind: Kustomization
resources:
- ingress.yaml
  • 全環境共通の設定

    [host:]の要素を値は空で記述しておきます。

// ./base/portal/ingress.yaml
apiVersion: networking.k8s.io/v1
kind: Ingress
metadata:
  name: example-ingress
spec:
  rules:
  - host: 
    http:
      paths:
      - path: /portal-nginx/example/
        pathType: Prefix
        backend:
          service:
            name: portal-nginx
            port:
            number: 80
  • overlays側のkustomizaion.yaml

[patchesJson6902:]を記述し、[target:]に更新対象を特定するための情報と、 [path:]に更新情報のファイル名を記述します。

// ./overlays/prod/portal/kustomization.yaml
apiVersion: kustomize.config.k8s.io/v1beta1
kind: Kustomization
bases:
- ../../../base/portal

patchesJson6902:
- target:
    group: networking.k8s.io
    version: v1
    kind: Ingress
    name: example-ingress
  path: ingress-patch.yaml
  • 環境固有の設定

[op:]には更新の挙動、[path:]には更新する場所を、[value:]には置換後の値を記述します。

// ./overlays/prod/portal/ingress-patch.yaml
- op: replace
  path: /spec/rules/0/host
  value: portal.dev.com
  • build結果

試しにbuildしたところ、無事に固有であるhostと共通のhost以外の定義も存在している設定を生成できました。

# kubectl kustomize ./overlays/prod/portal/
apiVersion: networking.k8s.io/v1
kind: Ingress
metadata:
name: example-ingress
spec:
rules:
- host: portal.dev.com
    http:
    paths:
    - backend:
        service:
            name: portal-nginx
            number: 80
            port: null
        path: /portal-nginx/example/
        pathType: Prefix
# 

まとめ

kustomizeは便利ですが、全ての定義パターンを[patchesStrategicMerge:]で表現できません。

しかし、[patchesJson6902:]のような拡張機能を使えば、柔軟に定義を生成できます。 Ingressの定義をkustomize管理したいかたは、同じ問題に遭遇すると思うので、解決法としてお試しください。


執筆者プロフィール:北野 啓史
ITベンダーで13年間インフラエンジニアとして金融、人材などのお客様のITシステムの開発に携わってきた。
SHIFTには2021年に入社し、現在はコンテナ基盤のインフラ設計・構築を担当している。

お問合せはお気軽に
https://service.shiftinc.jp/contact/

SHIFTについて(コーポレートサイト)
https://www.shiftinc.jp/

SHIFTのサービスについて(サービスサイト)
https://service.shiftinc.jp/

SHIFTの導入事例
https://service.shiftinc.jp/case/

お役立ち資料はこちら
https://service.shiftinc.jp/resources/

SHIFTの採用情報はこちら
https://recruit.shiftinc.jp/career/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!